テレフォンセックスという言葉は知っていても実際にどのようにするのか知らないのではないでしょうか?今回は【無料のテレフォンセックスはどのようにすればいいの?】をテーマに解説します。
■テレフォンセックスとは何?
特徴は3つあります。(1)電話の受話器越しに声をきいて男女がお互いにオナニーする(2)まるで二人が本当にセックスしているように興奮をかきたてる(3)同時に絶頂を迎えるように努力する。
このように説明すると興味津々になる人も多いです。
■電話代が結構負担になるのではないの?
それは昔の話です。今はパソコンにWebカメラをつけたりスカイプやLINEの無料通話ができます。無料でテレフォンセックスを楽しめばいいのです。無料のテレフォンセックス紹介サイトもあります。専用の掲示板があったりしますので、ここでパートナーを見つけてください。
■テレフォンセックスのメリット
1番目はお金がかからないことです。出会い系サイトなどはお金が必要になります。でもテレフォンセックスの場合はもともと食事を一緒にしたりとか交通費用やホテル代金も不要です。
2番目は手っ取り早いです。つまり、今からテレフォンセックスをするかしないかです。アポイントをとってわざわざ……というのは少ないです。
3番目は女性も安心できることです。実際に会うのは不安がつきまといます。テレフォンセックスは相手から自分の身体を触られることはありません。
■いかがでしたでしょうか?
無料で利用できるし、安全面も確保されています。若い女の子や専業主婦も利用者は多いです。

テレフォンセックスパートナーマッチングサイトを利用するメリット

テレフォンセックスの場合は普段会えないような世代の女性ともエッチなプレイができるのです。今回は【テレフォンセックスパートナーマッチングサイトを利用するメリット】をお話します。
■まずはテレフォンセックスの特徴……
電話を利用します。無料通話アプリがありますから電話代は不要です。
お互いにエロトークをしながら自慰行為します。あたかも二人で直接ベッドの中で熱くトロけるようなキスと貪るような過激愛撫に快感の波が押し寄せる!みたいな雰囲気を作るわけです。「い〜っあ、あっあ、ああっあんあん!」というようなエッチ声や見事に熟れたグッチュグチュなアソコから垂れる本気汁!を聞かせましょう。同時にアクメ迎えるようにコントロールするのがマナーです。
■無料で楽しめるメリット
パソコンに付属しているカメラを使うこともできます。テレフォンセックスといいますが、音声だけでなく今は画像でも楽しめます。顔出しが嫌ならばマスクをすればいいです。
■サクラの心配もない
お金に関係することは一切ありません。トラブルにもなりにくいメリットがあります。サクラに騙される出会い系サイトで泣きをみた人がテレフォンセックスにシフトしてきています。
■女性も罪悪感が少ない
男性と肉体関係を持つことはありませんから罪悪感も少ないです。性感染症の心配もありません。浮気現場を見られることもないのです。テレフォンセックスで相性の良い相手をテレフォンセックスパートナーマッチングサイトで見つけましょう。無料で利用できるとことも多いです。

テレフォンセックスのメリットデメリットをリアルのセックスと比較する

テレフォンセックスなんて……そう思っている人もいるかもしれません。ですがテレフォンセックスならではの楽しみかたもあります。今回のテーマ【テレフォンセックスのメリットデメリットをリアルのセックスと比較する】ことです。
■1番目はエッチ度の比較です。
それぞれがどれだけ性的に興奮できるかどうかです。本番セックスの場合は直接肌の温もりが感じられます。どんな行為でも無限大でできます。表情も至近距離でみることができます。耳元での喘ぎもセクシーでしょう。体位のバリエ-ソインもさまざま。エッチ度では本番セックスのほうが勝っているでしょう。
ではテレフォンセックスはどうでしょうか?体位も温もりも感じません。だが「そこがいい!」と考える逆転の発想をしてみましょう。電話越しでオナネタ妄想をするのです。ルックスは自分のタイプの男優や女優をイメージすればいいのです。最高ではないでしょうか?そして身体の芯から性欲が湧き出してくる媚薬を使ってみると本番セックスよりも気持ちの良いことができます。テレフォンセックスは無限のバリエーションがあります。本番セックスは目の前のシーンが全てですがテレフォンセックスは底なしです。
■2番目は気持ち面です。
肌を触れあって見つめ合って舌を絡ませるのです。感度は果てしなく上がり、性器と口内で互いを求め合う本番セックスですから有利と思いきやそうでもありません。テレフォンセックスは相手が目の前にいないだけ、声だけの遣り取りが中心です。そういったことで相手のことを最大限に愛する気持ちになります。余計な要素が一切介入しないからです。

シンガポール在住の奥さまがテレフォンセックスで欲求不満を解消

私は28歳の既婚者です。現在はシンガポールに住んでいます。夫の仕事の都合で、こちらに移り住んでいます。子どもをさずかり普通の生活をしています。海外生活ということで何かとストレスを多く感じます。

子育て中でもあり、自分の感情をそのまま生活に持ち込めません。肉体的にも精神的に疲弊していました。主人との夫婦の行為は2週間に一度あれば良い方です。義務のような行為も感じます。自分が性処理の肉便器になって気分で落ち込む事もあります。

まだまだ若いので性欲もあります。このままセックスレスになると嫌です。そういったデリケートな話も主人とはできていません。大人の事情はたくさんありますが、セックスは夫婦にとって大切な要因だと私は思っています。淫乱なのかしら……。

回数の減少に伴い、私の欲求不満のレベルはマックスになってきました。我慢ができなくなり、とうとうテレフォンセックスにハマることになりました。昼間は仕事にでかけている主人。子どもが眠っている時間は私の自由なのです。日本とは時差もあり、そのことで丁度タイミングがあう男性を見つけました。彼は北海道に住んでいるフリーデザイナーです。今は主人との性行為よりも彼とのテレフォンセックスのほうが満足しています。私って、こんなにスケベだったのかと振り返って赤面しちゃうほどです。

メル友とテレフォンセックスしちゃいました

50代、都内で専業主婦をしています。子供に手が掛からなくなると専業主婦はとても暇で・・・数年前からは、出会い系サイトでメル友をつくって楽しんでいます。

もちろん実際に会うつもりはありません。私は暇をつぶしたいだけであって、不倫がしたいわけでも、ましてやホテルで如何わしいことをしたいわけではありませんから。

メル友のひとりAさんは、そんな私の気持ちを汲み取ってくれる人で、お互い既婚ということもあり家庭のことを相談し合う仲でもあります。私はAさんを、とても信頼しています。だから、あの日の誘いにも・・・乗ってしまいました。

「僕とテレフォンセックスしてみませんか?」

私のところもAさんのところもセックスレスが続いており、その愚痴を溢し合った日でした。それが何であるか“なんとなく”ながら知っていた私の心臓は、もうびっくりするほど飛び跳ねました。

Aさんでなければ、断っていたでしょう。それほどまで、私はAさんに信頼を寄せていましたから・・・。はじめは興奮よりも羞恥心が勝って、体はかちかち。けれどAさんにリードされ、次第に羞恥心よりも快楽が勝って・・・最期はもう、体も心もトロトロでした。

私が日中、リビングでこんなことをしていると知ったら、夫はどんな顔をするでしょう。そう考えると、Aさんとしている時とはまた違う興奮を覚えます。